ラテンアメリカ探訪

<   2014年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧




11月の「ラテンアメリカ探訪」

第125回ラテンアメリカ探訪(旧メキシコ学勉強会)のお知らせ

テーマ「エクアドル先住民解放運動のリーダー:レオニダス・プロアーニョ大司教の
没後の26年」

エクアドルのカトリック司祭: レオニダス・プロアーニョは、1970年代後半に
チンボラソ県に赴任し、農奴のように虐げられた先住民の悲惨な状態に憤り、解放の
神学に則り、先住民の人権を回復させる運動を開始する。80年代、先住民の啓蒙活
動、権利復権、農地改革を行い、先住民の農民たちが土地を所有できるよう、保守的
な大土地所有者への抗議活動を展開し、農民たちを組織し、闘争を開始し、農民たち
が等しく土地を持つことが出来るよう、活動した。農民たちが土地を所有するように
なると、有機農法を指導。その後、1992年にはエクアドルの首都キトの大司教に
任命されるが、胃癌となり、「貧しいインディオたちは未だ病院にも入れない」とし
て、自らも病院に入院することを拒否し、1992年、死亡。当時のエクアドルのカ
トリック教会は解放の神学に対して無理解であり、キトの大司教としての葬儀を拒否
され、ロハ県のコパワイコ村の教会に埋葬された。

チンボラソ県ではプロアーニョ神父が指導した有機農法が今も受け継がれており、自
然環境を守ろうとする意識が高い。こうした思考を反映し、現ラファエル・コレア大
統領が「Yasuni ITT」構想を打ち出したが、現在、その構想の夢は破れ、ヤス二での
石油資源の再開発が行われることとなった。コレア大統領の環境保全政策の矛盾とそ
の破綻した現状について、チンボラソ県で2年間見聞してきたことを土台として、私
なりの見解を述べたいと考えております。

日時=2014年11月17日(月)午後7~9時

会場=千代田区和泉橋区民館3階和室
JR秋葉原駅昭和通り口下車、駅前の昭和通りを岩本町方向に歩き、最初の信号を渡っ
て右折。書泉ブックタワー隣り。駅から徒歩3分くらいの距離。書泉の大きなビルを
目指せば、すぐわかります。

発題=安藤二葉(版画家)
会場費=400円

お問い合わせ等は、
土方美雄 hijikata@kt.rim.or.jp http://ameblo.jp/hijikata/まで

ラテンアメリカ探訪HP
http://www.ab.auone-net.jp/~tanpo/
[PR]



by latinestudiar | 2014-11-05 17:10 | ラテンアメリカ探訪

ラテンアメリカ探訪のインフォメーションblogです
by latinestudiar
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧