ラテンアメリカ探訪

<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧




1月の「ラテンアメリカ探訪」

第127回ラテンアメリカ探訪(旧メキシコ学勉強会)のお知らせ

「メキシコ近代建築家たちの挑戦:ルイス・バラガンとファン・オゴルマンの軌跡」

今回の発表は、同時代のルイス・バラガン(Luis Barragan, 1902-88)とファン・オゴルマン(Juan O'Gorman, 1905-82)の作品を中心に、世界大戦でメキシコに移住した同時代の西洋近代建築家達を比較しながら、メキシコの機能主義がいわばその対概念とも言える地域主義に乗り移られる過程について、メキシコの社会変化などとどのように関連し合いながら進んでいったのかをご紹介したいと思います。
このような地域主義やリージョナリズムの批判性は、主流/傍流、強者/弱者、中心/周縁という相対的な力関係において、いずれも後者の立場を表明する際に機能するために、モダニズムの多くの問題点が明らかになります。今回の発表では、地域主義やリージョナリズムという動向については、1959年のCIAM崩壊や、1964年の『建築家なしの建築』展などの第二次世界大戦後の戦後建築における一潮流という定義だけではなく、20世紀初頭のモダニズムや国際様式の完成の時点から、さまざまな建築家の内面で問われ続けてきたということを仮説としてご紹介いたします。
日時=2015年1月26日(月)午後7〜9時
会場=千代田区和泉橋区民館4階洋室D
JR秋葉原駅昭和通り口下車、駅前の昭和通りを岩本町方向に歩き、最初の信号を渡って右折。書泉ブックタワー隣り。駅から徒歩3分くらいの距離。書泉の大きなビルを目指せば、すぐわかります。
発題=大津若果(東京大学工学系研究科建築学専攻,研究生 および 文化庁芸術家派遣在外研修員)
会場費=400円

お問い合わせ等は、
土方美雄 hijikata@kt.rim.or.jp http://ameblo.jp/hijikata/
まで
ラテンアメリカ探訪HP
http://www.ab.auone-net.jp/~tanpo/
[PR]



by latinestudiar | 2014-12-15 11:01

12月の「ラテンアメリカ探訪」終わりましたぁ~(汗)

昨日の「ラテンアメリカ探訪」は、あれこれあっても、それでも9人の参加者があって、決して、結果オーライでも、よくもないけれども、正直、やれやれ・・という感じでしたぁ~。
鈴木智子さんのお話は、「アンデス&アマゾン体験記~車椅子の夫と3歳児を連れて~」。で、いわば、その成果が、「世界のともだち 16 ペルー アマゾン生まれのウリーセス」(偕成社、1800円+税)。今は学校に通うために、クスコで暮らしている、アマゾン生まれのウリーセスという少年を主人公に、彼と彼の家族がクスコとアマゾンの村で、どう暮らしているのかを追った、素敵なフォト絵本です。
終了後、鈴木さんを交えて、近くの居酒屋にて、懇親会。常連メンバーばかりだったので、お気楽な飲み会になりましたたが、いつも、このような状態だとしかたがないので、1月からはまた、ネジを巻き直して、ひとりでも多くの人を集めることが出来るよう、努力しましょう。
何せ、参加者20人以上集めないと、赤字!!!だし・・ねッ。

土方美雄(世話人)
[PR]



by latinestudiar | 2014-12-02 12:24

ラテンアメリカ探訪のインフォメーションblogです
by latinestudiar
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧