ラテンアメリカ探訪

12月の「ラテンアメリカ探訪」

第135回ラテンアメリカ探訪(旧メキシコ学勉強会)のお知らせ

「<元青年海外協力隊員の視点から読む『星の王子さま』:西サハラの王子さまとエルサルバドルの薔薇の実像>」

フランスの飛行士作家アントワーヌ・サン=テグジュペリは1944年7月31日、コルシカ島の米連合軍空軍ボルゴ基地からフランスのグルノーブル地方への偵察飛行に飛び立ったまま、行方不明となり、「自ら空の星になった」とされてきた。
1998年、地中海マルセイユ沖で操業していた漁師の網から、作家の妻コンスエロの名が刻まれた銀の腕輪が発見され、サン=テグジュペリと共に行方不明となった飛行機の残骸を追跡してきたハンターたちが色めき立ち、その指輪が発見された海域を調べてきたダイバーが2000年5月、遂にサン=テグジュペリが最後に搭乗した米ロッキード社製P-38ライトニング偵察機と思しき残骸を発見するが、作家の遺族委員会からの猛攻な反対により、フランス政府が飛行機の残骸調査及び引き揚げの許可出さず、また漁師が発見した銀の腕輪も遺族委員会が偽物だとして没収した。
サン=テグジュペリ遺族委員会は作家の姉シモーヌと作家のパトロンだった大金持ちのネリー・ド・ボギュ夫人によって運営され、作家未亡人のエルサルバドル人の妻コンスエロについては、十字軍の時代からのフランス貴族の家系を汚す悪妻として彼女の存在を作家の伝記中から抹消してきた。
しかしダイバーたちから次々と指輪発見海域から飛行機の残骸を見たとの報告が寄せられ、遂に調査許可が下り、2004年、約60年ぶりに飛行機のエンジン部分の残骸のナンバーからサン=ゲグジュペリが乗っていた飛行機であると確認、承認されるに至った。
このことから、作家が最後まで身に着けていた銀の腕輪に刻まれていた作家の妻コンスエロ・スンシンについても再認識されることとなり、作家サン=テグジュペリと『星の王子さま』のモデルとなった妻コンスエロの隠されてきた実相とが明らかにされる。 
戦中ずっと親独政権のフィリップ・ペタン元帥のヴィシー政権側につき、ド・ゴール将軍のレジスタンス運動と対立してきた作家の行動、友人関係、戦時の時代等について、またエルサルバドル生まれの妻コンスエロが辿った数奇な人生を紹介すると共に、作家との思想的確執や夫婦愛について、エルサルバドルやフランス、二人が出会ったアルゼンチンのブエノス・アイレス等の写真を介し、『星の王子さま』と緒作品の舞台について、永年私が調べてきたことを発表し、解説する予定。

日時=2015年12月14日(月)午後7~9時
会場=千代田区和泉橋区民館洋室D
JR秋葉原駅昭和通り口下車、駅前の昭和通りを岩本町方向に歩き、最初の信号を渡って右折。書泉ブックタワー隣り。駅から徒歩3分くらいの距離。書泉の大きなビルを目指せば、すぐわかります。
発題=安藤二葉(版画家)
会場費=400円

お問い合わせ等は、
土方美雄 hijikata@kt.rim.or.jp http://ameblo.jp/hijikata/
まで
ラテンアメリカ探訪HP
http://latinestudiar.web.fc2.com/

土方美雄(世話人)
[PR]



# by latinestudiar | 2015-11-24 11:38

昨日の「ラテンアメリカ探訪」

昨日は、「ラテンアメリカ探訪」の日。第134回となる今回は、メソアメリカの宗教史がご専門の、岩崎賢さんによる「アステカ王国の生贄の祭祀~生命体としての宇宙~」と題したお話。
岩崎さんの最新刊である「アステカ王国の生贄の祭祀 血・花・笑・戦」(刀水書房)を素材に、生贄の儀式の本質を、これまでいわれてきた「神々に血を捧げる」という視点だけからではなく、「神々から血を頂く」という視点からも見ていく必要があるのではないかということを、多くの絵文書を、プロジェクターで示しつつ、話して下さった。これは主に、同書の第2章と第3章にあたる部分。その後、現代のメキシコにも、古代の宗教性が息づいているというお話もされて、今回の発題は終了。
まだまだ、いろいろお聞きしたいこともあり、是非とも、懇親会に行きたかったが、娘が骨折し、家で待っているので、やむなく帰宅。
次回は、今年最後となる12月14日。発題者は版画家の安藤二葉さん。

土方美雄(世話人)
[PR]



# by latinestudiar | 2015-11-07 11:08

第134回ラテンアメリカ探訪(旧メキシコ学勉強会)のお知らせ

「アステカ王国の生贄の祭祀/生命体としての宇宙」

16世紀のスペインによる征服時に、メソアメリカ(古代メキシコ)に巨大な王国を打ち立てていたアステカ人の宗教伝統の核心的要素は、供犠、すなわち生贄の儀礼であった。従来の研究では。この宗教的行為は、生贄の血によって王国の守護神である太陽神を養うことを目的としていた、という説明がなされてきた。そうした説明は、しばしばアステカ人の神話や儀礼における「神々に血を捧げる」という主題を強調してきたが、それとは反対のもう一つの主題、すなわち「神々から血を頂く」という主題の重要性を見落としてきた。本発表では、拙著『アステカ王国の生贄の祭祀 血・花・笑・戦』(刀水書房)でとりあげた、この後者の主題を示すいくつかの「絵文書」の中の図像の、カラー版(オリジナル版)を紹介しながら、アステカ人の供犠は、天空と大地、太陽や月や星、そして地上の動植物からなる宇宙を、一つの《大いなる生命体》としてとらえる宇宙論に立脚した宗教的行為であることを示そうと思う。

日時=2015年11月6日(金)午後7~9時
※今月は曜日が違いますので、お間違いなきよう、ご注意下さいませ。

会場=千代田区和泉橋区民館洋室D

JR秋葉原駅昭和通り口下車、駅前の昭和通りを岩本町方向に歩き、最初の信号を渡って右折。書泉ブックタワー隣り。駅から徒歩3分くらいの距離。書泉の大きなビルを目指せば、すぐわかります。

発題=岩崎賢(茨城大学・中央大学非常勤講師)

会場費=400円

お問い合わせ等は、
土方美雄 hijikata@kt.rim.or.jp http://ameblo.jp/hijikata/
まで

ラテンアメリカ探訪HP
http://latinestudiar.web.fc2.com/
[PR]



# by latinestudiar | 2015-10-08 18:30 | ラテンアメリカ探訪

8月の「ラテンアメリカ探訪」

第132回ラテンアメリカ探訪(旧メキシコ学勉強会)のお知らせ

「構想された自然―世界史の中のアマゾン文明」

世界最大の熱帯雨林に覆われたアマゾン地域は未開の処女地ではないことがわかっている。この地域の古代においてかつて高度な文化、大規模な社会が存在し、その痕跡が至るところに残されているからである。これを仮にアマゾン文明と呼んでおこう。だがこの文明は知られている他の文明とはおよそ似ても似つかないものである。アマゾン文明とはどのようなものであったのか。どのような構想をもって建設されたのか。この講演ではアマゾン文明の内容を様々な視点から検証し、その本質を解明したい。またこの文明をより大きな世界史の中で考察してみたい。

日時=2015年8月31日(月)午後7〜9時
会場=千代田区和泉橋区民館5階洋室D
JR秋葉原駅昭和通り口下車、駅前の昭和通りを岩本町方向に歩き、最初の信号を渡って右折。書泉ブックタワー隣り。駅から徒歩3分くらいの距離。書泉の大きなビルを目指せば、すぐわかります。
発題=実松克義(立教大学名誉教授)
会場費=400円

お問い合わせ等は、
土方美雄 hijikata@kt.rim.or.jp http://ameblo.jp/hijikata/
まで
ラテンアメリカ探訪HP
http://latinestudiar.web.fc2.com/

なお、7月の「ラテンアメリカ探訪」は夏休みです。よろしく。
土方美雄(世話人)
[PR]



# by latinestudiar | 2015-07-26 16:24

ペルーのロックで、大盛り上がり

昨日は第131回目の「ラテンアメリカ探訪」の日。世話人おひとり、水口良樹さんが、ペーニャ・ハラナのペペ・もとをさんと組んで、「ペルーのロックを聴いてみよう」と題し、約2時間の試聴とレクチャー。
極めて充実した内容だったが、果たして、ペルーのロックに興味がある人がどれほどいるのかと、そう思っていたが、幕を開ければ、参加者は14人で、皆さん、熱心に質問もされて、なるほど、どんなジャンルにも、それなりの需要というものはあるものだなぁ・・と、感心。私も、この際なので、「中南米の恐い話(怪談)」でも、してみようかしら・・。
私は、体調を考えて、懇親会はパスしたが、その後、開催された懇親会も、さぞや、盛り上がったのでしょう。ううう(泣)。
さて、「ラテンアメリカ探訪」は、7月は夏休み(例年は8月が夏休み)とさせていただき、8月には、実松克義先生の、2回目のご登場です。スケールの大きな、独自の歴史観で知られる先生の、真夏の夜の一夜語り、さて、どんなお話が飛び出しますか、どうぞ、お楽しみに・・(詳細は、後日)。

土方美雄(世話人)
[PR]



# by latinestudiar | 2015-06-30 11:40

ラテンアメリカ探訪のインフォメーションblogです
by latinestudiar
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

ブログパーツ

検索

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧